« ぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう | トップページ | プチ変更(どこだか分かる?) »

あの子がほしい

昨日は、またプール。

最近、プールばっかで、そのうちふやけちゃうかしら。。。

シャワー浴びて、泳ぐ前にストレッチしてると、

ガラズの向こうのレッスン用のプールの明かりがついて、

50mクロールのインストラクターの先生現る。

ガラス越しに挨拶して、

あたしはレッスンの時間まで30分以上あるので、

こっちがわで時間まで泳ぐことに。

50m折り返して、向こう側に行き、折り返そうとしたところ、

センセに呼び止められました。

「なっ何かマズイことしちゃったかな???」

と、思ったら、

「“かんたんアクア”に出ませんか~?」って。

なんでも、受ける人が一人しかいないらしい。

センセ、顔知ってる人に一生懸命声かけて、

「出ませんか~?出ませんか~?」って誘ってるみてい。

 

ということで、半ば強制的に

“かんたんアクア”受けてきました(^_^;)。

時間はたったの15分。

結局、スタッフの人も受けて全部で4人。

以前受けた“ミットでシェイプ”の動きとたいして変わらず、

確かにかんたん・・・・。

なのですが、なかなかキツイ。

なんとかあたしとスタッフの人は動きについていってるものの、

あとの二人は、ワンテンポかツーテンポ遅れたりして・・・。

 

終わってゼイゼイ(゜口゜;)。

もう、充分ウォーミングアップになりました。

 

その後の“目指せ50mクロール”。

また、いろいろやりましたが、

昨日は手の返しだけで泳ぐのをやりました。

うーんと、書いて説明が難しい。。。

足は動かさずに手を前方で

外側内側と返しながら前に進む、というものなのですが。。。

 

ほっとんど進みませんっ(-_-;)。

難しいっ。

センセがやると、ちゃんと前に進むし。。。

ちゃんと水をつかむ感覚を養う為の練習みたいなのですが。

あたし、バタ足も正確に出来てなさそうだし、

“弱点を克服”&“きれいにクロール”のレッスン受けたいなー。

|

« ぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう | トップページ | プチ変更(どこだか分かる?) »

トレーニング」カテゴリの記事

コメント

自称「カッパ」ですが、パドルという手ひれみたいの付けて、足にはビート板挟んで泳ぐのやってましたが、ギザ疲れます。
「手のひらで水の重さを感じなさい」と、オリンピック選手だったJ・シュナイダーという人に教わりました。
当時は泳いでばかりでホントにふやけてましたが、もう何年もまともに泳いでないので、羨ましいですょ。
また泳ぎてぇなぁ~

投稿: SEI.. | 2007年4月26日 (木) 00時51分

SEI..さん、こんにちわーっ。
水泳選手だったんですかっ?!
プール行きましょうよ、プール。

あたし、小学生の頃スイミングスクール行ってたくらいなので、
あとは自己流になっちゃってて・・・・(^_^;)。
世界水泳、ジーッっと見たりして。
足にビート板はやってたけど、水をつかむなんて事しなかった、、、ってか記憶にない。。。
もちろん手ひれなんてつけたことなーい。

投稿: BRAND | 2007年4月26日 (木) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4863/14842898

この記事へのトラックバック一覧です: あの子がほしい:

» 太陽歯科衛生士専門学校について [歯列矯正と歯科治療を考えよう]
太陽歯科衛生士専門学校は、足立区にある歯科衛生士養成のための専門学校です。歯科衛生士を目指す人の為に、ここで子の学校の紹介を少ししたいと思います。参考になれば幸いです。太陽歯科衛生士専門学校の細かい募集要項やカリキュラムは、ホームページを見ると詳しく知ることができます。太陽歯科衛生士専門学校のホームページは派手な作りではないですが、動画を見られるようになっていたり、体験談が盛り込まれていたりとこの学校の雰囲気を肌で知ることができます。特に実習の項目では、基礎実習のページではマ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 13時12分

» 矯正歯科にかかるの子供が何歳になってからが良いか? [歯列矯正と歯科治療を考えよう]
歯列矯正の治療を行う人の数は、矯正歯科が全国で増えてきていることも影響して子供から大人まで全年齢層で増加傾向にあるようです。歯科衛生士さんの数が足りず、常に求人を出している施設も見られるほどです。歯の健康はQOLにもかかわりますので、非常に良い流れであることは疑えないでしょう。さて、矯正治療についてお子さんを持つ親御さんが知りたいのは、矯正歯科などには子供の場合何歳くらいからかかるのが良いのかでしょう。歯列矯正に対するサイトや歯科医院のHPを参考にしても、歯列矯正治療を、器具...... [続きを読む]

受信: 2007年5月 2日 (水) 11時13分

« ぬるめのお湯にゆっくり浸かりましょう | トップページ | プチ変更(どこだか分かる?) »